はじめに

女性とのデートで
会話の出だしを盛り上げることは
とても重要だ。
・待ち合わせ場所であった瞬間
・お店に入って席に着いた瞬間
このようにシーンが変わった時
つまり会話の出だしで
場を盛り上げることができれば
その後は簡単に会話を
盛り上げることができる。
逆に会話の出だしで
ぎこちない雰囲気を作ってしまうと
その後会話を盛り上げることができない。
それはデート失敗を意味する。
ではどうやって
出だしの会話を盛り上げれば良いのか?

女性が反応しやすい題材で
会話をはじめることで
会話を盛り上げればよい。
女性が反応しやすい題材は
以下の2 つだ。
題材1. 今目の前にあるもの
題材2. 女性の直前の出来事
この2 つの題材の活用方法を
シーンが変わって会話の出だしを
注意しなければならない
以下の3 つのケースで解説していく。
ケース1. 待ち合わせ時の活用方法
ケース2. お店までの移動中の活用方法
ケース3. お店に入って席についた時の活用方法
デートを成功させる方法

ケース1. 待ち合わせ時の活用方法

題材1. 今目の前にあるものの活用方法
(1)女性が身につけているものの活用方法
女性が身につけているものは
女性が反応しやすいため
活用しやすい。
例えば女性が大きな鞄を
持っていたとする。
男性「てか鞄でかくない?ボーリングの帰りか?」
女性「違うから(笑)」
また高いヒールを履いていれば
男性「ヒール高くね?1 日2,3 度はつまずくでしょ?」
女性「まあ、2,3 度はね(笑)」
このように共有しやすいし、
反応も得やすい。
会話盛り上げるのに
有効である。

題材2. 女性の直前の出来事の活用方法
(1)平日待ち合わせの場合の活用方法
平日の待ち合わせであれば
仕事が終わった後のケースがほとんどであろう。
だから直前の出来事として
仕事を題材にすれば良い。
例えば
男性「ういーす、お疲れ。ちゃんと仕事終わらせてきた?」
女性「うん、ばっちり」
男性「お、えらいじゃん。本当は他の人に
まる投げしてきたんじゃないの?」
女性「あ、ばれてた(笑)」
のように仕事終わりの状態を活用する。
(2)休日待ち合わせの場合の活用方法
休日であれば待ち合わせ前に
買い物をしている場合がある。

もし女性が買い物袋を
持っているならそれを題材にする。
例えば
男性「それ何買ったの?」
女性「これ?ちょっと時間あったから化粧品買ったの」
男性「まじか。つーか化粧品金かかるよな」
女性「そーそー痛い、出費だよ」
と言った具合に会話を盛り上げていく。
買い物袋など特になく買い物をしていない場合は
自宅から待ち合わせ場所まで
直接来ている事が予想されるので
それを題材にする。
例えば
男性「ここまで来るのに迷わなかった?」
女性「うん、大丈夫だったよ」
男性「そりゃ優秀だ。おれは田舎ものだから迷った」

女性「そうだったんだ(笑)」
男性「この辺よく来るの?」
と言った具合に盛り上げていく。
デートを成功させる方法

シーン2. お店までの移動中の活用方法

題材1. 今目の前にあるものの活用方法
(1)人ごみの活用方法
大都市で待ち合わせした場合
人ごみを活用していく。
例えば
男性「てかすげー人だな」
女性「うん、そうだね」
男性「人ごみ苦手なんだよね、人酔いする」
女性「それ、わかる」
男性「まあただの田舎ものなんだけどね」
女性「そうなのか(笑)」
男性「あれ、地元どこだっけ?」
などで盛り上げていく。
(2)変わったものの活用方法
街を歩いていると
ユニークな格好をしている人や特徴のあるお店などがある。

それを題材として活用する。
例えばユニークな形をした建物があった場合
男性「あれ見てよ」
女性「わーすごい」
男性「どうやって作ったんだべ?」
女性「確かにどうやったんだろうね」
と言った具合に盛り上げていく。
移動中に使えそうなものであれば何でも良い。
普段から活用する癖をつけておくと
本番でスムーズに活用できるようになる。
題材2. 女性の直前の出来事の活用方法
基本的には待ち合わせ時に
出てきた題材をそのまま活用する。
仕事の話で盛り上がればそれを、買い物の話で盛り上がればそれを、
移動中の話で盛り上がればそれを継続的に使っていく。
デートを成功させる方法

シーン3. お店に入って席についた時の活用方法

題材1. 今目の前にあるものの活用方法
(1)メニューの活用方法
活用しやすいものとして
メニューがあげられる。
理想を言えば特徴的な
メニューがあるお店が良い。
例えば
男性「ちょっと見てよ、てんぷらアイスってあるよ」
女性「えーなにそれ」
男性「アイスどうやってあげるんだろうな」
女性「だよねー」
男性「あとで注文してみるか」
女性「うん、たのもう、たのもう」
と言った具合に盛り上げることができる。
逆に特徴的なものがない場合は
男性「何も特徴のあるものないね」

女性「だね(笑)」
男性「このお店大丈夫かな」
女性「まあつぶれはしないんじゃない」
と言った具合に盛り上げていく。
(2)店員の活用方法
次に使いやすいのが店員である。
例えば店員さんが芸能人の○○に
似ていたとする。
男性「あの店員さん○○に似てない?」
女性「確かに!」
男性「もしかして本人じゃない?」
女性「さすがにそれはないでしょ(笑)」
と言った具合に盛り上げていく。
(3)お客の活用方法
近くに座っているカップルや
特徴のある客などを題材に使う。

例えば隣の席にカップルらしき
お客さんがいたとする。
男性「カップルかな?」
女性「たぶんそうじゃない」
男性「なんか初々しいよな」
女性「確かに」
男性「おれもあんな時代があったな」
女性「おっさんかよ(笑)」
と言った具合に盛り上げていく。
題材2. 女性の直前の出来事の活用方法
待ち合わせ時、移動中に盛り上がった題材を
継続的に活用していく。
デートを成功させる方法

まとめ

・待ち合わせ場所であった瞬間
・お店に入った瞬間
このようにシーンが変わった時
つまり会話の出だしで
場を盛り上げるには女性が反応しやすい題材を使う。
女性が反応しやすい題材は以下の2 つだ。
題材1. 今目の前にあるもの
題材2. 女性の直前の出来事
この2 つの題材の活用方法を
シーンが変わって会話の出だしを
注意しなければならない
以下の3 つのケースで解説した。
ケース1. 待ち合わせ時の活用方法
題材1. 今目の前にあるもの
(1)女性が身につけているものの活用方法
題材2. 女性の直前の出来事

(1)平日待ち合わせの場合の活用方法
(2)休日待ち合わせの場合の活用方法
ケース2. お店までの移動中の活用方法
題材1. 今目の前にあるもの
(1)人ごみの活用方法
(2)変わったものの活用方法
題材2. 女性の直前の出来事
待ち合わせ時に盛り上がった題材を活用する。
ケース3. お店に入って席についた時の活用方法
題材1. 今目の前にあるもの
(1)メニューの活用方法
(2)店員の活用方法
(3)お客の活用方法
題材2. 女性の直前の出来事
待ち合わせ時、移動時に盛り上がった題材を活用する。
デートを成功させる方法

きになるのはここ

 

乳酸菌革命の口コミといえば、Wパワーで内側から綺麗に!身体の内側からキレイを目指すことが目的の乳酸菌革命。このサプリメントは、8割の方がリピート購入していることから、満足度がとても高いサプリメントです。乳酸菌と酵母菌のダブルパワーが、特にぽっこりお腹とゴロゴロお腹に効果が高いです。健康食品で有名なサンミリオンだから可能になったサプリメントなのです!乳酸菌革命に含まれている乳酸菌は、どれも聞いたことのある話題の乳酸菌ばかりです。ラクトバチルス属の乳酸菌、アシドフィルス、ガッセリー、ブルガリクス、ブレビス、カゼイ…。これらは、腸内の環境を整えてくれるとともに、体内に入った細菌やウィルスの活動をブロックしたりと、悪玉菌を減少させる効果も期待することができます。そこに、善玉菌で有名なビフィズス菌が、生きたまま腸まで届くことにより、健康を徹底的にサポートすること間違いなしです。